アンクルジョー・ドット・ネット ひやりはっとIT講座 | ひやりはっとIT事件簿 | PuzzleLinks | サポート | サイトマップ   
  Top > a2.Windowsクライアント > [フォルダオプション] > Windows XP フォルダオプション 次の頁へ

 
Windows XP フォルダオプション
 
Amazon.co.jp アソシエイト [フォルダオプション/デスクトップの表示<1>]
2003/07/31     Windows uncle-joe.net Project

<テスト環境> WindowsXP Professional SP1

 パソコンの使用環境を向上させるためには、ある程度のリスクを犯しながら様々なファイル操作を行わなければなりません。
 そんなファイル操作の前提となる作業が「(3).設定変更」になります。

 もう環境設定は終わった。リスクは犯したくない。元に戻したいという場合は「(2).既定値」を参考に復旧して下さい。(「既定値に戻す(R)」ボタンを使えば、一番安全に元に戻す事が出来ます。)

<論旨の流れ>Windows XP フォルダオプション
 (1).フォルダオプションの起動
(1-a).「コントロールパネル」の起動
(1-b).「デスクトップの表示とテーマ」の起動
(1-c).「フォルダオプション」の起動
 (2).既定値
(2-a).「全般」タブ
(2-b).「表示」タブ 1/3
(2-c).「表示」タブ 2/3
(2-d).「表示」タブ 3/3
 (3).設定変更
(3-a).「全般」タブ
(3-b).「従来のWindowsフォルダを使う(I)」で図柄が変更された
(3-c).「表示」タブの変更 1/3
(3-d).「表示」タブの変更 2/3
(3-e).「表示」タブの変更 3/3
(3-f).「保護されたOSファイルを表示しない」を解除して警告
(3-g).設定変更を適用する
 (4).処理終了
(4-a).処理終了
(4-b).コントロールパネルの終了

(1).フォルダオプションの起動

 フォルダオプションを表示するためには、コントロールパネルをまず開いて、その中から起動しなければなりません。
 コントロールパネルは従来のWindowsフォルダ表示には当初なっていません。
 この節では、新しいWindowsのコントロールパネル表示から、フォルダオプションを選択する手順を説明いたします。

(1-a).「コントロールパネル」の起動
スタートメニューからコントロールパネルを起動します。
(イ).「スタート」ボタンをクリック。
(ロ).「コントロールパネル(C)」をクリックして下さい。

(1-b).「デスクトップの表示とテーマ」の起動
「コントロールパネル」の中の「デスクトップの表示とテーマ」をクリックして下さい。

(1-c).「フォルダオプション」の起動
「デスクトップの表示とテーマ」の中の「フォルダオプション」をクリックして下さい。


(2).既定値

 「フォルダオプション」についての既定値を表示します。
 通常「既定値に戻す(R)(D)」ボタンをクリックすれば、この既定値状態に戻ります。
 セキュリティ対策上、または初心者が使用する場合などには、この既定値状態に戻しておいた方がいいかもしれません。

(2-a).「全般」タブ
「フォルダオプション」の「全般」タブ。
※初期値です。(「既定値に戻す(R)」ボタンをクリックするとこの表示になります)

(2-b).「表示」タブ 1/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。1/3
※初期値です。(「既定値に戻す(D)」ボタンをクリックするとこの表示になります)

(2-c).「表示」タブ 2/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。2/3
※初期値です。(「既定値に戻す(D)」ボタンをクリックするとこの表示になります)

(2-d).「表示」タブ 3/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。3/3
※初期値です。(「既定値に戻す(D)」ボタンをクリックするとこの表示になります)


(3).設定変更

 このWebサイトで紹介している各種機能は、以下の設定変更を行って実現しています。
 参考にして下さい。(この変更によって色々なトラブルが起きる可能性があります。あくまでも、自己責任でお願いします。)

(3-a).「全般」タブ
作業「従来のWindowsフォルダを使う(I)」を選択します。こちらの方が一覧性があり、作業効率が良いので選択します。
(イ).「従来のWindowsフォルダを使う(I)」をクリック。
(ロ).「適用(A)」ボタンをクリック。
※「適用(A)」ボタンを押せば、下層にある「デスクトップの表示とテーマ」の図柄がすぐに変わります。

(3-b).「従来のWindowsフォルダを使う(I)」で図柄が変更された
下層にある「デスクトップの表示とテーマ」の図柄が「従来のWindowsフォルダを使う(I)」に合ったものに変更されました。

(3-c).「表示」タブの変更 1/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。1/3
(イ).「システムフォルダの内容を表示する」にチェックを入れる。
(ロ).その他お好みで「タイトルバーにファイルのパス名を表示する」をチェックする。
(ハ).下向き三角ボタンをクリックして、スクロールして下さい。

(3-d).「表示」タブの変更 2/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。2/3
(イ).「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる。
(ロ).下向きにスクロールする。

(3-e).「表示」タブの変更 3/3
「フォルダオプション」の「表示」タブ。3/3。今度はチェックをはずす。
(イ).「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずす。
(ロ).「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックをはずす。これをクリックしますと、警告メッセージが出ます。(次図参照)

(3-f).「保護されたOSファイルを表示しない」を解除して警告
警告メッセージに「はい(Y)」をクリックする。

(3-g).設定変更を適用する
設定の変更を「適用(A)」ボタンをクリックして、完成させる。


(4).処理終了

(4-a).処理終了
フォルダオプションについての処理が終了しました。「OK」ボタンをクリックして下さい。

(4-b).コントロールパネルの終了
「×」ボタンをクリックして、コントロールパネルを終了して下さい。


<更新履歴>
【2003/07/30脱稿】uncle-joe.netホームページ用に記述。
 












  Top > a2.Windowsクライアント > [フォルダオプション] > Windows XP フォルダオプション 次の頁へ
表題 フォルダオプション/デスクトップの表示<1>
  1.Windows XP フォルダオプション
  2.Windows 98 フォルダオプション
  3.Windows 2000 フォルダオプション
  4.Windows NT フォルダオプション
冒頭(本頁) Home | Top | a.開発者 | b.利用者 | c.アプリ | d.経営 | e.他
Copyright (C) 2003-2006 UncleJoe Inc. All rights reserved. 記述に誤りがありましたらフォーラムに投稿をお願いします。