アンクルジョー・ドット・ネット ひやりはっとIT講座 | ひやりはっとIT事件簿 | PuzzleLinks | サポート | Shop | サイトマップ   
  Top > a2.Windowsクライアント > [ツールバーの表示・非表示] > ブラウザ「Internet Explorer」 次の頁へ

 
ブラウザ「Internet Explorer」
 
Amazon.co.jp アソシエイト [ツールバーの表示・非表示]
2004/09/27     Windows uncle-joe.net Project

<テスト環境>
(A).WindowsXP Professional SP1
(B).Internet Explorer 6.0
 ブラウザでインターネット上のさまざまなWebサイトを渉猟している時に、セキュリティの心配をする事があります。『このWebサイトは信用できるのだろうか?』と。その時ブラウザ上に「アドレスバー」や「ステータスバー」が表示されていれば、一つの安全上の目安となります。

 「アドレスバー」が、例えば「http://www.microsoft.com/」から始まっているURLならマイクロソフト社のWebサイトで、そこにある文書はかの社の公式見解である可能性は高くなります。(ただしURL偽装があるかも・・(^_^;)
 「ステータスバー」に鍵マークが出ている場合、それをダブルクリックすると「証明書の情報」が表示されます。その内容からそのWebサイトの安全性を確認できる事もあります。

<論旨の流れ>ブラウザ「Internet Explorer」
 (1).ステータスバーとアドレスバー
(1-a).Webページをチェックする情報量が多い方がいい
 (2).表示・非表示
(2-a).ステータスバーはオン
(2-b).アドレスバーもオン

(1).ステータスバーとアドレスバー

 ブラウザは通常、ステータスバーとアドレスバー、両方とも表示している形態の方がセキュリティを確認する場合に便利です。フィッシング詐欺に引っかからない汎用的な対策を参照して下さい。

(1-a).Webページをチェックする情報量が多い方がいい
なるべくWebページをチェックする情報量が多い方がいいと思い、ステータスバーとアドレスバーの両方表示しています。
(イ).ステータスバーに鍵マークが表示されています。
(ロ).アドレスバーには「https」とあり、SSL通信である事がわかります。

(2).表示・非表示

 (1-a)図の表示メニューをクリックすると、ツールバーの状態は次の図のようになっています。

(2-a).ステータスバーはオン
「ステータスバー(B)」にチェック(レ点)がはいっています。
「ステータスバー(B)」をクリックするごとに、チェックがはいったり、チェックが消えたりします。

(2-b).アドレスバーもオン
「アドレスバー(A)」にチェック(レ点)がはいっています。
「アドレスバー(A)」をクリックするごとに、チェックがはいったり、チェックが消えたりします。


<更新履歴>
【2004/09/27脱稿】uncle-joe.netホームページ用に記述。
 









  Top > a2.Windowsクライアント > [ツールバーの表示・非表示] > ブラウザ「Internet Explorer」 次の頁へ
表題 ツールバーの表示・非表示 ユーザー環境個人用設定<2>
  1.ブラウザ「Internet Explorer」
  2.ブラウザ「ネットスケープ」
  3.表計算ソフト「Excel 2002」
  4.ワープロ「Word 2002」
  5.ワードパッドのツールバー
  6.ファイラ「エクスプローラ」
冒頭(本頁) Home | Top | a.開発者 | b.利用者 | c.アプリ | d.経営 | e.他
Copyright (C) 2003-2006 UncleJoe Inc. All rights reserved. 記述に誤りがありましたらフォーラムに投稿をお願いします。