アンクルジョー・ドット・ネット ひやりはっとIT講座 | ひやりはっとIT事件簿 | PuzzleLinks | サポート | Shop | サイトマップ   
  Top > a2.Windowsクライアント > [ツールバーの表示・非表示] > ワープロ「Word 2002」 前の頁へ 次の頁へ

 
ワープロ「Word 2002」
 
Amazon.co.jp アソシエイト [ツールバーの表示・非表示]
2004/09/27     Windows uncle-joe.net Project

<テスト環境>
(A).WindowsXP Professional SP1
(B).Word 2002
 Wordのツールバー群の中に「アドレスバー」表示がありますので、試しにWeb上のWord文書を呼び出してみました。第2節参照。

<論旨の流れ>ワープロ「Word 2002」
 (1).表示レイアウト例
(1-a).文書入力画面
 (2).アドレスバー
(2-a).ツールバーでWebを指定
(2-b).アドレスバーが表示されました
(2-c).URLアドレスを入力すると警告が出ました
(2-d).Web上のWord文書が閲覧できました

(1).表示レイアウト例

 Word文書を入力する為の、シンプルなレイアウト例です。

(1-a).文書入力画面
文書を入力する画面で、ツールバーをシンプルにまとめてみました。
クライアントの特定フォルダの文書しかアクセスしない場合、アドレスバーは邪魔なので非表示にしています。

(2).アドレスバー

 アドレスバーは例えば、ファイルサーバー上にあるWord文書をUNC名(\\Server名\フォルダ名\ファイル名)で直接呼び出すのに有効です。
 この節では、Webサーバー上のWord文書を直接指定してみました。

(2-a).ツールバーでWebを指定
ツールバー群の中から「Web」をクリックします。

(2-b).アドレスバーが表示されました
デフォルトで「文書1」と表示されている、アドレスバーが出てきます。

(2-c).URLアドレスを入力すると警告が出ました
インターネット・サーバー上に置いてあるWord文書のURLを入力。
信頼のできる文書以外は、このように直接Web上の文書を指定するのは危険です。まず(FTPなどで)ダウンロードして、ウィルスチェックを掛け、安全を確認した後で開いて下さい。

(2-d).Web上のWord文書が閲覧できました
このWord文書は、FTPで@niftyにアップロードしました。ファイルの属性を変えていませんが、[読み取り専用]になっています。
セキュリティに厳しいサーバーでは、最初からアクセス拒否されて、ファイルの存在の有無さえわからない場合があります。


<更新履歴>
【2004/09/27脱稿】uncle-joe.netホームページ用に記述。
 









  Top > a2.Windowsクライアント > [ツールバーの表示・非表示] > ワープロ「Word 2002」 前の頁へ 次の頁へ
表題 ツールバーの表示・非表示 ユーザー環境個人用設定<2>
  1.ブラウザ「Internet Explorer」
  2.ブラウザ「ネットスケープ」
  3.表計算ソフト「Excel 2002」
  4.ワープロ「Word 2002」
  5.ワードパッドのツールバー
  6.ファイラ「エクスプローラ」
冒頭(本頁) Home | Top | a.開発者 | b.利用者 | c.アプリ | d.経営 | e.他
Copyright (C) 2003-2006 UncleJoe Inc. All rights reserved. 記述に誤りがありましたらフォーラムに投稿をお願いします。