アンクルジョー・ドット・ネット ひやりはっとIT講座 | ひやりはっとIT事件簿 | PuzzleLinks | サポート | サイトマップ   
  Top > a5.Office,開発ツール > [アーカイバLhaz] > 「ラズLhaz」で掲示板ソフト「phpBB」を解凍 前の頁へ 次の頁へ

 
Lhazで掲示板ソフトphpBBを解凍
 
Amazon.co.jp アソシエイト 圧縮解凍ツール「Lhazラズ」
2003/06/10     Windows uncle-joe.net Project

<テスト環境>Windows98 、 Lhaz Ver1.02

 アーカイブソフト「Lhaz」の重要な機能のひとつ、フォルダ指定をしながら解凍作業を行う手順の例。
 エクスプローラで「ドラッグ&ドロップ」操作をなるべく行わない方法のひとつの提言です。
<論旨の流れ>
(1).「ドラッグ&ドロップ」操作を排除
(2).本体と言語部の解凍
(3).テンプレート部・解凍失敗
(4).「Lhaz閲覧」の利用
(5).テンプレート部・解凍再試行

(1).「ドラッグ&ドロップ」操作を排除

 エクスプローラでの「ドラッグ&ドロップ」操作をなるべく排除しながら、ファイル管理をするひとつの工夫として、こういうツール(Lhaz)をお勧めしています。

 「ドラッグ&ドロップ」操作を減らす手段として、メニューの機能を増やす、送る(N)の送り先を増やす、コピー先・転送先のフォルダ指定を行うなどがあります。
 エクスプローラで.zipファイルを右クリックすると、メニューが表示されます。その中にLhazを起動する行「Lhazで解凍」が入っています。これは、Lhazのインストール時に「関連付け」を行ったからです。

 フォルダ指定による解凍作業を行うためには、圧縮(アーカイブ)されているファイル自体のフォルダ構造を知らなければ失敗します。
 ここでは、その失敗例と、圧縮(アーカイブ)ファイルのフォルダ構造を知る方法を説明しています。

 ※この稿では、オプション設定の「フォルダ自動生成(M)」を選択していませんが、今回のようにフォルダをアーカイブしたものであれば、結果は同じになります。(注意:これはLhazの現時点での仕様です。また、別のアーカイブソフトで同種の機能があってもLhazと違う結果になる場合があります。)

(2).本体と言語部の解凍
 phpBBは海外製ソフトですので、日本語パーツを組み入れる必要があります。
(A).英 語「Full Package」
(B).日本語「Language Pack」
(C).日本語「subSilver Images」
 「日本語Language Pack」はShift-JISです。このままお使い下さい。
 筆者は当初、「何も考えず」わざわざShift-JISをEUCに変換して運用していました。(^_^;
 何も問題なく(?)運用は出来ます。ただし、バックアップ&リストア(復旧)では凄まじい文字化けが起きます。
 「subSilver」とは標準テンプレートです。(Web上にはさまざまなテンプレートが用意されています。)

(2-a).作業フォルダに解凍すべきファイルを用意
「phpBB」に必要なファイルは3つです。
解凍すべきファイルは、phpBB本体と日本語化ファイル2個、全部で3つです。

(2-b).phpBB本体「phpBB-2.0.4.zip」の解凍開始
phpBB本体「phpBB-2.0.4.zip」を解凍します。
(イ).「phpBB-2.0.4.zip」を右クリックして、上図のようなメニューを出します。
(ロ).「Lhazで解凍(E)」を左クリックして実行します。(この図の場合一番上の行)

(2-c).phpBB本体の解凍先フォルダ指定
「このフォルダに解凍(H)」をクリックして下さい。
Lhazの強み、解凍先フォルダ指定が出来ます。今回はこの作業フォルダTempを選択。

(2-d).解凍作業が終わり、phpBB本体フォルダが出来る
解凍作業中のスライダが一瞬出て消え、フォルダが作成されます。

(2-e).phpBB本体フォルダを展開しておきます
日本語化ファイルの解凍先フォルダを指定するのに、見通しよくするため、phpBB本体フォルダを展開しておきます。

(2-f).日本語化ファイル「lang_japanese.zip」を解凍します
「lang_japanese.zip」を右クリックしてメニューを出して下さい。
(イ).「lang_japanese.zip」を右クリックして、上図のようなメニューを出します。
(ロ).「Lhazで解凍(E)」を左クリックして実行します。(この図の場合一番上の行)

(2-g).日本語化ファイル「lang_japanese.zip」の解凍フォルダ指定1
「解凍フォルダを指定(S)」をクリックして下さい。

(2-h).日本語化ファイル「lang_japanese.zip」の解凍フォルダ指定2
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウでフォルダ指定します。
(イ).「language」フォルダをクリックします。
(ロ).「OK」ボタンをクリックします。

(2-i).日本語化ファイル「lang_japanese.zip」の解凍終了
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウが消えます。
この場合、フォルダ作成がすぐに反映されません。

(2-j).フォルダ作成の状況を確認
「最新の情報に更新(R)」して、作業が成功したか否かを確認。
(イ).「表示(V)」をクリック。
(ロ).「最新の情報に更新(R)」をクリックして下さい。

(2-k).languageフォルダに日本語化ファイルが展開された事を確認
「language」フォルダに「lang_japanese」フォルダが作成された事を確認する。

(3).テンプレート部・解凍失敗

 今度は、テンプレート部も上記操作(2)と同様の作業を行って、失敗する例を示します。

(3-a).日本語画像ファイルの解凍開始
日本語画像ファイル「subSilver_japanese.zip」を解凍します。
(イ).「subSilver_japanese.zip」を右クリックして、上図のようなメニューを出します。
(ロ).「Lhazで解凍(E)」を左クリックして実行します。(この図の場合一番上の行)

(3-b).日本語画像ファイルの解凍フォルダ指定1
「解凍フォルダを指定(S)」をクリックして下さい。

(3-c).日本語画像ファイルの解凍フォルダ指定2
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウでフォルダ指定します。
(イ).「images」フォルダをクリックします。(後でわかるように、これがミスの原因です)
(ロ).「OK」ボタンをクリックします。

(3-d).日本語画像ファイルの解凍終了
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウが消えます。
この場合、フォルダ作成がすぐに反映されません。

(3-e).フォルダ作成の状況を確認
「最新の情報に更新(R)」して、作業が成功したか否かを確認。
(イ).「表示(V)」をクリック。
(ロ).「最新の情報に更新(R)」をクリックして下さい。

(3-f).subSilverの下にsubSilverが作成されているので失敗
「lang_english」と「lang_japanese」とが同列に並ばなければならないが、下にくっついてしまったので失敗。
新たに作った下の「subSilver」フォルダを削除します。
※ドラッグ&ドロップでフォルダを移動して、構成し直してもいいのでしょうが、今回は失敗の原因を究明するために一度削除します。

(4).「Lhaz閲覧」の利用

 失敗の原因は、(3-f)図を御覧になって明らかなように、解凍すべきアーカイブファイルが階層構造を持っていて、解凍すべき開始位置を誤っていた、ということです。
 では、解凍前にアーカイブファイルの中の階層構造を確認するにはどうすればいいでしょうか。
 次の章はそのアーカイブファイルの中を覗く「閲覧」機能について述べます。

(4-a).アーカイブファイルを閲覧するには
「subSilver_japanese.zip」の右クリックメニュー表示。
(イ).「subSilver_japanese.zip」を右クリックして、上図のようなメニューを出します。
(ロ).「Lhazで閲覧(V)」を左クリックして実行します。(この図の場合上から2行目)

(4-b).「Lhaz閲覧」画面
閲覧画面でこのアーカイブファイルの階層構造を確認します。
(イ).階層構造の最上部が何であるかを調べます。このアーカイブファイルの場合「subSilver」である事がわかります。
(ロ).右上の「×」ボタンなどで閲覧画面を終了して下さい。

(5).テンプレート部・解凍再試行

 再々確認。「Lhaz閲覧」画面でわかったのは、このアーカイブファイルは階層構造になっていて、その最上部が「subSilver」というフォルダであるという事でした。
 その「subSilver」というフォルダが展開すべき位置を確認しつつ、解凍を再試行します。

(5-a).日本語画像ファイルの解凍開始
日本語画像ファイル「subSilver_japanese.zip」を解凍します。
(イ).「subSilver_japanese.zip」を右クリックして、上図のようなメニューを出します。
(ロ).「Lhazで解凍(E)」を左クリックして実行します。(この図の場合一番上の行)

(5-b).日本語画像ファイルの解凍フォルダ指定1
「解凍フォルダを指定(S)」をクリックして下さい。

(5-c).日本語画像ファイルの解凍フォルダ指定2
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウでフォルダ指定します。
(イ).「templates」フォルダをクリックします。
(ロ).「OK」ボタンをクリックします。

(5-d).日本語画像ファイルの解凍終了
「解凍先フォルダを指定」のウィンドウが消えます。
この場合、フォルダ作成がすぐに反映されません。

(5-e).フォルダ作成の状況を確認
「最新の情報に更新(R)」して、作業が成功したか否かを確認。
(イ).「表示(V)」をクリック。
(ロ).「最新の情報に更新(R)」をクリックして下さい。

(5-f).フォルダ「lang_japanese」作成の状況を確認
「lang_english」と「lang_japanese」とが同列に並んでいるので成功!


<更新履歴>
【2003/06/10脱稿】uncle-joe.netホームページ向けに記述。
 








  Top > a5.Office,開発ツール > [アーカイバLhaz] > 「ラズLhaz」で掲示板ソフト「phpBB」を解凍 前の頁へ 次の頁へ
表題 [アーカイバLhaz]
  1.圧縮解凍ツール「ラズLhaz」のインストール
  2.「ラズLhaz」で「TeraTerm+TTSSH」を解凍
  3.「ラズLhaz」で掲示板ソフト「phpBB」を解凍
  4.「ラズLhaz」で.tgz圧縮
  5.「ラズLhaz」のアンインストール
冒頭(本頁) Home | Top | a.開発者 | b.利用者 | c.アプリ | d.経営 | e.他
Copyright (C) 2003-2006 UncleJoe Inc. All rights reserved. 記述に誤りがありましたらフォーラムに投稿をお願いします。