アンクルジョー・ドット・ネット ひやりはっとIT講座 | ひやりはっとIT事件簿 | PuzzleLinks | サポート | サイトマップ   
  Top > e2.ツーリスト > ナナハン・ツーリング > そんな物はない! 前の頁へ

 
そんな物はない!
 
Amazon.co.jp アソシエイト ナナハン・ツーリング
2003/10/06      uncle-joe.net Project

 今から数年前の事、ガソリンスタンド向けシステムを開発、青森県のある町の会社に納入しました。
 社長が叩き上げの職人で、車の修理にも詳しい人でした。
 私のシステムを売り込んだ営業と社長と三人で四方山話をしている時に、車の電子化についての話になった事がありました。
 社長が、「今は車の中がわからなくて、車の調子が悪ければ、中の部品全部取り替えてしまう。」と車の心臓部のブラックボックス化を嘆いていました。

 営業は「パソコンも同じですよ」と調子を合わせたのですが、私はその時バイクの話をしました。

 私がバイクにのめり込んだのは学生時代だったのですが、就職してバイクから離れ、数年経ってナナハンを買った時には、その変化(電子化)に非常に驚かされました。

 ナナハンを秋葉原で購入して、休日の晴れ間におっかなびっくり近所を乗り回しているうちに、1・2ヶ月でエンジンに力が無くなってしまいました。
 学生時代の経験から、「これはポイント調整が必要だな。ポイントが摩耗して点火時期の機械的な狂いが生じているのではないか」と疑いました。
 ポイント調整は接点に紙ヤスリを挟んで摺り合わせ、コンタクト面を整え、ギャップ調整をします。これはプロに任せるしかないと思い、自宅近くのバイク店に行って、修理してもらう事にしました。

 そんな話をしている途中、社長から「そのバイクを買ったのはいつ頃か」と問われました。「今から十数年前の1980年頃です」と回答。

 自宅近くのバイク店まで乗っていって、そこにいた作業中の無愛想な店員に向かって「すみませーん。ポイント見ていただけますか?」と声を掛け頼んだら、店員から返ってきた言葉が『そんな物はない!』・・・とここで社長と私の声が同期して二重奏になってしまったのです。
 期せずして「そんな物はない」と声を合わせたので、そばにいた営業が唖然としていました。

 現在のメンテナンスフリーのトランジスター点火しか知らない人にとっては、ポイント点火という七面倒な物があったという事自体理解できないかも知れません。

 当時の私自身にはバイクの電子化はカルチャーショックでした。そういえばこのバイクにはキックペダルもない。(無接点のトランジスター点火も含めた)バッテリーなどの電装系の信頼性向上には、とにかく驚嘆。エンジン始動はセル一発。昔の様な「子供の病気に悩む親の苦労は無きが如し」でした。

 『そんな物はない!』と、バイク店員に言われて当初「へ?」とその真意が理解できなかったのですが、とにかく見てもらうと点火プラグの半数が死んでいました。
 その店のオヤジがプラグを見ながら「走り方が悪いな」とつぶやいていました。それを聞いて、私は「ありゃ・・・やはり」と自覚。
 橋本治の「桃尻娘」とはまったく関係なく、学生時代に辞書で見つけた古語「桃尻」が頭を駆け抜け、恥ずかしくなりました。
 「ももじり−−馬に乗るのがへたで、鞍の上に尻の落ち着かぬこと」【旺文社・古語辞典】

 翌日から、本腰を入れて我が愛車に取り付き、なるべくトップギアでアクセルを開け気味に、しかも長距離を走る様に心がけました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

※橋本治の「桃尻娘」の「桃尻」は熟れ桃のプリンプリンとした静的形態を表しています。この橋本語の「桃尻」と違って、古語の「桃尻」は動的形態を表しています。馬に乗らなければ、馬乗りの桃尻は表に現れない・・・。
 私は一応男ですから、どちらの桃尻も言われたくない(^_^;
 古語について手もとの辞書によりますと、桃の尻(今の基準では頭)がとがっているので据わりが悪い事から、尻が鞍に落ち着かない、そのたぐいの腰つきの事を言うとあります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現代語と古語とで桃の「尻」と「頭」が入れ替わった事についての一考察
 ↑「考察」ったって大したことはありません。
 昔は桃は木になっているものを、そのまま手でもいで食べていたと考えられます。この場合、木なりの桃の下部はとがっています
 商品経済の発達した現代では、桃は皿かトレーの上に、据わりのよい形で並べられます。この場合、とがった方を上にして置きます。
 まさに生活文化の変化が、日常品の頭と尻とを入れ替えてしまった面白い例ですね。

<更新履歴>
【2003/10/30追記】「桃尻」について追記。
【2003/10/06脱稿】uncle-joe.netホームページ用に記述。
 






  Top > e2.ツーリスト > ナナハン・ツーリング > そんな物はない! 前の頁へ
表題 ナナハン・ツーリング
  1.奥日光の黄葉
  2.個人情報のセキュリティ
  3.限定少量生産
  4.そんな物はない!
冒頭(本頁) Home | Top | a.開発者 | b.利用者 | c.アプリ | d.経営 | e.他
Copyright (C) 2003-2006 UncleJoe Inc. All rights reserved. 記述に誤りがありましたらフォーラムに投稿をお願いします。